ウィッグの紅茶染めの仕方 好みの色のウィッグがない…!そんなレイヤーさんにおすすめ!!

お久しぶりです、湊です。
今日はウィッグの紅茶染めの仕方を紹介しようと思います。

この色がもう少しくすんでいればドンピシャなのに…!
この色とこの色の間があればあのキャラそのものなのに…!

と、好みの色のウィッグが見つからないことは往々にしてあります。

そんな時は!!!!
もう好みの色に染めちゃえ!ということですね。

では早速紅茶染めの仕方をご紹介していこうと思います。

目次
1.紅茶染めって?コーヒー染めって?
2.紅茶とコーヒーの染まり方の違い
3.紅茶染めの工程
4.まとめ

1.紅茶染めって?コーヒー染めって?

紅茶染め、コーヒー染めとは、言葉のままです。
普段は飲料として使われる、「紅茶葉」「コーヒー豆」を使ってウィッグを染めていきます。

もちろん、ウィッグを染める専用の染料も売りに出されています。
手順を踏めばきっちり別の色に変えることが出来る染料です。
しかし、この「紅茶染め」「コーヒー染め」は 染める というよりは 少し色をくすませる
というイメージです。

めちゃくちゃに色を変えたい!というよりは、もう少し落ち着いた色になればいいのになぁという人向けです。
使う茶葉と引いた豆は100均でそろうもので構いません。

茶葉だったら10袋程、コーヒーの方であれば5袋(一袋で一杯分がでるタイプ)程あれば問題ありません。
次に、「紅茶染め」と「コーヒー染め」の違いについて説明しましょう。

2.紅茶とコーヒーの染まり方の違い

では、どちらがどのくらい染まるのか?

結論から言うと、「紅茶」の方がいいクスミを出すことが出来、人毛を染めた染まり方と似た感じにすることが出来ます。
染まり方にそれほどの差が出るわけではないですが、コーヒーの方が「染めた」という感覚が薄いイメージがあります。

クスミを追加したいのであればお勧めは茶葉です。もし茶葉がなく、手元にあるのがコーヒーの場合は使ってみるのもありかも
しれません。極力お金は使わない方向にするのも全然ありです、あるもの使いましょう、笑

3.紅茶染めの工程

それではようやく、紅茶染めの仕方を説明していきます。

■用意するもの
・染めたいウィッグ
・ティーバッグ10袋(コーヒーの場合は5袋程度)
・塩 こんなに使うのか…?という量。
・鍋
・水

①鍋にたっぷりの水(ウィッグが浸るくらい)を入れ、ティーバッグをすべて入れ、煮詰めていきます。
 色的には鍋底が一切見えないくらいまで煮出します。絶対に飲んではダメな色まで、です。

色はこんな感じまで。

②茶葉を煮込みながら塩を入れていきます。量は致死量。え?これ飲んだら絶対死ぬよね…?という量を入れます。
 この塩は色の定着材として入れます。この塩が足りていないと、色が定着しないので注意してください。

③茶葉を取り出し、ウィッグを沈めていきます。

④弱火で温めながらとにかく混ぜていきます。均等に染めたい場合は、一定時間で全体に色がいきわたるように混ぜていきましょう。
 この工程をさぼると、まだら模様で染まります。(ちょっとさぼったら案の定染まり具合に偏りが出来てまだらになりかけました…)

 このとき弱火にしないと、ウィッグに変な癖が出来、戻るのが面倒なことになってしまいます。これを逆手にとってパーマをかける、「お湯パーマ」という技法がありますが、これはウィッグがぐちゃぐちゃになりがちなのであまりお勧めしません。
パーマをかけるときは、ヘアアイロンと保冷剤を使って少しずつ癖をつけていくことをおすすめします
このやり方はまた別の記事で紹介したいと思います。

「熱湯ダメ絶対!」

⑤しっかりと色を入れたい場合は、火を止めて一日放置します。この放置時間にも一定間隔でウィッグをひっくり返してください。
 ちょっと手のかかる人を見てる感覚。放っておくとどうしようもなくなっちゃうので。

⑥液から取り出してウィッグを洗っていきます。洗い方はまた別の記事で紹介していきます!
 使うものは人毛用のシャンプーと柔軟剤です。シャンプーで汚れを落とし、柔軟剤でさらさらにします(コンディショナーよりさらさらになります)

⑦乾かして完成☆

ライトの当たり具合と当たっている色が少し違うため、この目に見えている色で変化が出ているわけではありませんが、
このくらいの差が出てきます。左が染める前、右は染めた後。ウィッグ特有の艶がなくなり、人毛のキューティクルに似てきましたね。

これが紅茶染めです!!!!!

4.まとめ

いかがだったでしょうか?

思ったより染まりませんが、思ったより染まります。(え?)
気に入らないから捨てる!となるより、一度試す価値あり、です。

ぜひ、作ったレポ、コメントしてください!!

今回画像に使った動画をYoutubeに投稿しています!
通して実際に動いて染めている工程が見たい!という方はぜひ、下の動画を見てみてくださいね。

さあ、ウィッグが出来上がったらいざ撮影!!!!
岐阜県中津川市付知町に新しくできたコスプレ撮影スポット、「さとロケ!」へLet’s Go!!!!

さとロケ!HP

ご予約続々といただいております!
撮影スポットが広いので、予約がたくさん入っても人が映り込みしません!
新スポットも解放予定!→さとロケ!新スポット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。