炎天下の野外コスプレ撮影時、注意しなければならないこと。

さあ!これから本格的に夏だ!水撮影だ!海撮影だ!青春撮影だあああああ!
…となる季節になってまいりました。さて、そこで一つ問題が。倒れるコスプレイヤーが毎年いなくならない。みんな、本当に体は大切に…。
何不自由なく趣味を楽しむためにも、できることはきちんとしましょう…。
と、いうことで。熱中症対策は、病院や自治体の方々が再三チラシやネット等で呼びかけていただいているので問題ないかと思いますが、コスプレイヤー目線での日射病・熱中症対策のお話をしていきたいと思います!

目次
1.熱中症の症状とは
2.熱中症の応急処置
3.熱中症チェック
4.まとめ

1.熱中症の症状とは

再三言われている熱中症ですが、きちんと確認をしたことがある人って少ないのではないでしょうか?
筆者も自分がそうなるまで気づかなかったことがあります。今一度確認してみましょう。

□熱中症の症状□
☆初期症状
・めまい、失神
ふわふわしたり、「立ち眩み」を起こすようになったりします。“熱失神”とも呼ばれるのだとか。
・筋肉痛、筋肉の硬直
筋肉の「こむら返り」というもののことのよう。その部分に痛みを伴うようになるそうです。発汗による塩分欠乏のために起こります。
・大量の発汗
いつもより明らかに多い量が出ます。上の服はびしょびしょ。

☆中度症状
・頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
身体がぐったりする、力が入らない。この症状はよく皆さんご存じの熱中症の症状ですね。
このほかにも、よく眠るようになる、のも症状の一つだとか。

☆重度症状
・意識障害、けいれん、手足の運動障害
呼びかけや刺激への反応がおかしかったり、体ががくがくとひきつけがある。まっすぐ歩けない、など。
・高体温
身体に触ると「熱い」と感じる感触です。この症状が起きたら重度なので注意しましょう。

2.熱中症の応急処置

次は熱中症が起こってしまった場合の応急処置を見ていきましょう。
は一般対応
はレイヤー対応

☆初期症状
この場合はすぐに涼しい場所に移動してから体をとにかく冷やし水分・塩分を与える。
涼しい場所に移動してから、衣装の脱げるところまで薄着にし、体ととにかく冷やし、水分・塩分を与える。ウィッグはとにかく取る。

熱中症の人に与えてはダメな飲み物
・カフェインを多く含むもの
・糖分を多く含むもの

ぜひ与えてほしい飲み物
・経口補水液(人間の体内の水分成分に限りなく近づけたもの)→OS1はお勧め
・スポーツドリンク(運動している人に限る。飲みすぎると肥満の原因に)

熱中症は水分と塩分の欠乏によって引き起こされます。なので、ミネラルのタブレットを適度に飲んだり、塩分入りの飲料水を飲むといいでしょう。

☆中度症状
自分で水分を取れない場合は、すぐ病院に搬送する。
すぐに衣装は脱がす(簡単に脱げない場合は破る)。この時点でまだウィッグを被っているようであれば直ぐに脱がす。男装レイヤーの場合、この時まだBホルダーをしているようであれば直ぐに脱がす。意識があってもなくても病院にすぐ搬送する。

☆重度症状
直ちに病院に搬送する
直ちに病院に搬送する

もう無理です。ここまで行ってしまうとどうしようもありません。すぐに病院に搬送しましょう。

一般の方とレイヤーの違い
レイヤー(特に男装レイヤー)は訳が分からないくらい体を締め付けている場合があります(Bホルダー、ガードル、ブーツ、ウィッグ)。意識があるうちから、最低でもウィッグとBホルダーは外してもらいましょう。解放感が得られると、今自分がどういう状況なのかようやく理解することが出来ます。

経験談ですが、少し外を歩いた後、冷房が効いている屋内で休んでいた時です。抗えないような睡魔に襲われ、ずっと寝ていたことがありました。前日、衣装の準備のために寝ていなかったし、眠いのはそのせいだとばかり思っていたのですが、頭痛がし始めてようやくそこで「あ、熱中症かもしれない」と気づきました。それに気づいてからはすぐに着替え、水分補給もきちんとして、少し休んでから帰路につきましたが、それに気づかず、あのまま倒れていたかと思うとぞっとします。
せっかく人目に触れるところにいるので、ずっとキャラでい続けたい思いはすごくよくわかりますし、醜態をさらしたくないのでついつい強情に粘ってしまうことがあります。
辛くなったらトイレなどでBホルを緩めたり、ウィッグを一度取ったりしましょう。
それはいやだ!という方は、こまめな休憩と水分補給をきちんとするようにしましょう。大事になるよりは、対策はきちんと。

熱中症は思っているよりも簡単になります。
「え、少し外出ただけだよ?」「汗もそんなに出てないよ?」という感覚でも、熱中症にすでになっていたりすることがあります。これは過度では…?と思うくらいで十分です!!(経験者は語る)

コスプレ時はいつもの倍以上は対策をしましょう。

・見えない部分に冷えピタを貼る(首の後ろ、わきの下、太ももの付け根、足の裏等)
・冷たい飲料や水で両手を冷やす(手を冷やすだけでも体温が下がると言われています)
・スポーツドリンクなどを凍らせて持ち歩く
・いつもより2本ほど多めに水分を取る(毎日ペットボトル1本なら3本~5本)
・塩分チャージのタブレットをあらかじめ購入しておく

等を最低限としましょう。熱中症、本当に甘く見てると趣味楽しめなくなっちゃいますから…。

☆余談 尿の色で体内水分量チェック!
実は水分がどれだけ足りてないかというのは尿でチェックすることが出来ます。
・無色透明→健康体の人の尿。本来これが望ましいとか
・ほんのり黄色→水分取ろう。ちょっと足りてない。肌とかがカサカサになりがち
・薄い黄色→水分取って。体内に足りてない。水分足りてない
・濃い黄色→すぐに、今すぐに水分取って!普通の量じゃ足りない!!!
・山吹色に近い黄色→警告!体内に水分ない!!本気!?普通の水分量じゃ無理!いや、こうなるまで放置するな!

…とこんな感じ。割とふざけて書いているようですが、割とこれ。平気な人はトイレ行くたびにチェックしましょうね。健康指標の一つ。

3.熱中症チェック

さあ!これを見ればあなたが熱中症か一目瞭然!いつでも見えるようなところに保存しておきましょう。

□睡眠不足
□下痢をしている
□疲れていると感じている

ここにチェックがつけば熱中症になりやすい状態です。

□暑い環境に長時間の滞在をした
□けいれん発作があった
□立ち眩みがする
□体にだるさがある
□ずっと眠い
□吐き気・嘔吐がある
□体温が普段より高い
□頭痛(特にこめかみ付近)がある
□汗をあまりかかなくなった
□めまいがする

一つでもチェックがつけば熱中症です。
直ぐに応急処置をして経過を見守りましょう。

5.まとめ

夏場は特に、屋外でも屋内でも、熱中症のリスクは同じです。
夏でも、キャラによっては長袖を着る、ロングウィッグを被る、なんてことは普通にあります。
筆者は真夏に革ジャンを着て、ウィッグの上にさらにニット帽をかぶっていたこともありました。
レイヤーだったら普通にある光景です。(いや、さすがに暑いだろ…と今では思いますけど…)
キャラが倒れる、なんて場面を見せることがないよう、自分の体調には細心の注意を払いましょう

今特有なのですが、皆さんマスクをして出かけますよね。これも熱中症になりやすい原因の一つ。
周りに誰もいない場所だったりするときは、こまめに外して風にあたるようにしてください。感染の恐怖もあるかもしれませんが、人との距離が保てる場所の数分であればある程度は大丈夫です。マスクを取っている間の会話は極力避け、静かに水分補給をするようにしましょう。

余談ですが、熱中症で動けなくなったレイヤーさんが、せっかくきれいに手作りした衣装をはさみで切られ、ウィッグもその場で剥がれ、ぐちゃぐちゃになったまま搬送された…なんてことが起こったと聞いたことがあります。全然他人事ではなくて明日は我が身です。
大切な衣装の為にも、自分を含めキャラを好きな人たちの為にも、熱中症対策は万全にしましょうね。

万全な対策が出来たら思いっきり野外撮影を楽しもう!
中津川付知町にはつめたぁい川に浸かりながら撮影できるスポットもご用意!

浮き輪に浮かんで流れる、なんてことも、コスプレをしたまま楽しめちゃいます!
さらにさらに、新しいエリアが解禁!
解禁された新しいエリアをいち早く楽しむなら今!!!

ぜひ、お友達を誘っていきましょう~!筆者は8月下旬参加予定です☆

さとロケ!夏の陣 申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です