コスプレにおすすめなカラーコンタクト

 衣装、ウィッグ、小物。揃い始めたらいよいよコスプレができる…!
そんな時に、より一層、キャラに近づくために便利なアイテム「カラーコンタクト」をご紹介しちゃいます!
目の大きさから、カラーコンタクトが入りにくい。ドライアイでコンタクト自体がしていられない。という方は無理しないでくださいね。

目次
1.使用期間
2.レンズ直径と着色直径
3.度あり・度なし
4.取り扱い度数
5.メーカー別特徴
6.まとめ

1.使用期間

 まず、コンタクトレンズには「ハードコンタクトレンズ」「ソフトコンタクトレンズ」があります。
「ハードコンタクトレンズ」→レンズは硬い。直径が小さいので入れやすい。乱視が入れられるので、眼鏡同様使える。意外にも安価。ただし、カラーなし
「ソフトコンタクトレンズ」→レンズはふにゃふにゃ。直径が大きめ。乱視は入れられない。使用期間がある。カラーもたくさん!
今回はコスプレに使えるカラコンの紹介なので、上記の「ソフトコンタクトレンズ」に重点を置いて紹介します。

 カラーコンタクト(通称カラコン)には使用期間というものがあります。
ソフトコンタクトレンズ
・1DAI(ワンデイ)→一日使い捨て
・1WEEK(ワンウィーク)→一週間使い捨て
・1MONTH(ワンマンス)→一か月使い捨て
ハードコンタクトレンズ
・寿命は長い(約2年半ほど)

使用期間別メリット・デメリット
□1DAY
【メリット】
・一日(一回)使い捨てなので掃除の手間がない
・清潔のまま目を守って使える
・「もったいない」という思考に至らない
【デメリット】
・使い切りなので購入回数が増える
・長期で考えると割とお高め

□1WEEK
【メリット】
・一週間使えるので、連日予定が入っているときにはおすすめ
・日計算をすると、ワンデイよりも割安
【デメリット】
・使うたびに洗う手間ができる
・同じ色を使うキャラを一週間で2回以上使わないともったいない

□1MONTH
【メリット】
・普段でも使える色のカラコンであればこれがいちばんおすすめ
・日計算だと1WEEKよりも割安
【デメリット】
・1WEEKと同じく、洗う手間ができる
・普段使いできない色は圧倒的に割高に
・破れたりすると一か月も使ってないのに捨てる羽目に。ワンマンス、使えないとよく聞きます。たけぇ…

ざっとこんな感じ。
コスプレだけに使うなら…1DAY
普段使いにもしたいなら…1MONTH

といったところでしょうか。筆者は悪で目を酷使しているので、1WEEKを何か月か使いまわします。
ただ、雑菌が入ると目はかすみやすくなったり、最悪の場合見えなくなったり。そうでなくでもドライアイになったり…と厄介なことばっかり起こるので、相当金欠じゃない限りはやらない方がいいですね。1DAYは水分量が多くないので、一週間も使えません(かぴかぴになります)。

使用期間だけで考えると、圧倒的にコスプレだけに使うカラコンは【1DAY】がおすすめです。
発色のいい色は、コスプレにしか使えないのですが、グレーだったり、ブラウンだったり、そういう普段に使えそうなカラコンを購入したときは【1MONTH】がおすすめですね。

自分のお財布や、コス回数、性格(面倒くさがりに1WEEKや1MONTHは本当に苦痛です…洗う手間が)、使用頻度、いろいろ鑑みて自分に合った使用期間のカラコンを購入してください。

2.レンズ直径と着色直径

カラコンには「レンズ直径」「着色直径」というものが存在します。

レンズ直径…名の通り、レンズ全体の大きさを指します。こちらはあまり気にしなくても大丈夫です。
着色直径…カラコンの色がついている全体部分を指します。重要なのはこちら。

【着色直径が大切な理由】
人、というかキャラの目を見てもらうとわかるのですが、黒目(カラコンならカラーの部分)の比率がどのくらいか、によって、人に与える印象は全然変わってきます。
例えば、黒目が極端に小さい(いわゆる三白眼と呼ばれている目)ときつめの印象を与えます。
逆に黒目が大きいと優しい印象や、かわいい印象を与えます。
この原理を逆手にとって、キャラに活かしてしまえばいいのです(言い方悪い?)。

着色直径は一番小さくて11.9㎜~大きくて14.6㎜まであります。(普通のカラコンで)
カラーは限られてしまいますが、着色の一番端の部分が白色になっていて、三白眼に見せやすい仕様になっているコスプレ用カラコンもあります。
悪い目つきにしたいときや、クールな目元のキャラのときは11.9㎜~13㎜くらいの間を参考に
お目目がくりくりとしたかわいいキャラや、女性のキャラをやるときには13.5㎜~ くらいを参考にしてください。

人には元の虹彩の色があります。それにより、同じカラコンをはめた時にも、出る色が変わってしまいます。
虹彩の色が元から薄い人は見本の色になることがあまりないですし、逆に真っ黒く、濃い虹彩の人は、思うように発色が出なかったりします。
なので、ドンピシャで色や大きさ、印象を決めていく、というよりは、「今度はこれを試してみよう」くらいの気持ちで購入するといいかもしれません。
筆者もいまだ、推しの色の正解が見つかりません。そんなもんです。

3.度あり・度なし

度とは、目の悪い人なら聞いたことありますよね。
コンタクトレンズを買うときには、度数が必要になってきます。目がいい人や、視力検査で1.0以上ある方は「度なし」の購入で大丈夫です。
度なしって種類も色も一番豊富なので羨ましいです…。その目大切にしてくださいね…。
さて、問題なのは度ありの購入が必要な方ですね。普段から眼鏡をかけていないと生活できなかったり、どうせコンタクトするならはっきりとした見え方の方がいい、という方。
コンタクトレンズの購入には一度眼科にかかっておく必要があります。これは正確な度数を図ってもらったり、目の状態が正常か、きちんと確かめておく必要があるからです。眼科にかかっていないと、購入はできません(抜け道はたくさんありますけど)。
あくまで目安ですが、視力0.3付近で、度数-2.5~-3.0くらいです。視力0.07付近で、度数-6.5くらいですかね。
この度数は眼科に行って「コンタクトレンズが作りたいです」と伝えれば測ってくれます。

4.取り扱い度数

眼科で測ってもらうと、度数、というのがわかるようになります。
一番下は±0.00~-10.00まで取り扱われてるメーカーがあります。メーカーさんによっては-8.00までの取り扱いのところもあります。
取り扱い度数は‐0.5づつ用意されているので自分の度数にあったものを買いましょう。
ただ、乱視は入れられないので、そこだけ注意が必要です。もし必要であれば、眼科で測ってもらうときに、乱視を入れるのではなく、度数をあげてもらうようお願いするのもいいかもしれません。

5.メーカー別特徴

この辺で、筆者がよく使っているカラコンの紹介をしたいと思います。

・エティア
・アシスト
・クオリテ
・ドルチェ


大まかに種類はこんな感じです。メーカーさんですね。この中にさらに種類があります。
【エティア】
・プリズムワンデー→カラコンの中の柄が円を描くように書かれ、キラ目や丸く大きな目にお勧め。幼顔に向く。
・ジュレワンデー→フチなしのため、ハーフ目におすすめ。発色よし、盛れる。
・クールワンデー→エティアといえば。1DAYと1MONTHあり。フチあり。かわいく盛れる。
・ルフレワンデー→着色直径が小さめで、瞳が大きく見えないのが特徴。フチがベースに合わせた色なので、違和感なくなじみます。
【アシスト】
・シャイニーエッジ→茶ぶちの男装向きカラコン。正直読み方これであってるのかわからないところある(おい)。
・パピーラ→着色が外に重点を置いているため、瞳孔が大きく見える。かわいいキャラにおすすめ。
・マリンカラー→フチなしハーフ目におすすめ。エティアのジュレよりも高発色で異国感あふれる
・HANABI→発色がきれいで、フチがとげとげしているのでなじみやすい
・ツインループ→フチの内側にアニメキャラのような黒の線が入っている。この瞳で描かれているキャラもいるので、時と場合を選ぶが、ドンピシャの時最高。
・アイスフローラ→中心から外に向かって濃い色の線が入っているため、キラキラとした輝く瞳に
・コットンキャンディ→遺書は2色。中心に向かって別色グラデなので、かわいい。
【クオリテ】
・クオリテワンデー→フチが自然。発色がきらめく美しさ。水色、緑色が多め
【ドルチェ】
・スパンコールワンデー→フチなして着色直径小さめ、高発色。カラバリは少なめ
・ストロングワンデー→これはアシストHANABIと並んで「元祖」。カラコン駆け出し時期からあります。シンプル。

めっちゃあんじゃん!ってなりますよね。めっちゃあるんです。この中からお気に入りの一色見つけるの、大変なんです。大変なんですけど、めちゃくちゃ楽しいですよ。人によって見え方のこだわりがあるので、このキャラには絶対にこれ!というカラコンはありません。先に話したように、人の虹彩によって見え方変わりますし、髪の色にも結構左右されます(髪が目にかかる場合や近くにある場合)。
この中からお気に入りを見つけてみてください!

6.まとめ

いかがだったでしょうか?
場所によって取り扱っているカラコンの種類が違うので、店舗に見に行くときは気を付けましょう。
またネットで調べてみて、お気に入りを保存しておき、店舗に実際に見に行く、という手もあります。
筆者がコスプレ仲間に教えてもらったのが、気になったカラコンがあったら、検索で「(カラコンの名前)レポ」と検索をかけると、着け心地、発色具合、見え方、暗所と明所での見え方の違い等が載せられている画像が出てくるのでそれを参考にするとわかりやすいなぁと思いました。

余談。
筆者が呪術回線の虎杖悠仁で使用しているカラコンは渡辺直美さん監修の「エヌズコレクション」の「ヤキソバパン」ってやつです。
このエヌズコレクションのカラコンは高発色で、フチなしハーフ目なので、ぎらぎらとコスプレの発色です!じゃなくても大丈夫なキャラにはモッテコイです。
普段使いもできますしね!!!お勧めですよ!!!

実際に着け心地わからんわい。何が他にあるんじゃ。個人的に知りたいぞい。なんて方がいらっしゃいましたら、対面で質問できる機会が8月にあります!

筆者・湊がコスプレコンシェルジュを務める「さとロケ!」にて8月!!
合宿形式のコスプレ講座を行います。講師はもちろん僕です!!

・メイクの仕方
・ウィッグのセットの仕方
・ポージングの仕方
・小道具の作り方

などなど…コスプレに関する質問なら何でもOK!
キャラの状態でのレク等、そのほかの楽しみも盛りだくさん!ぜひ、この機会をお見逃しなく!

以下はコスプレ講座の詳細です。

≪場所≫
築150年古民家カフェ&ゲストハウス「付知ばあちゃんち」
〒508-0351 岐阜県中津川市付知町1154
≪宿泊&参加費≫
11,000円(税込)
*素泊まり宿泊費・参加費・ロケ撮影代込み
*おやつ&お茶付き
+3,500円で食事オプション(夕・朝食)が付けられます

≪こんな方にオススメ≫
◎普段メイクはしたことがあるけど、コスプレは初心者という方
◎何度かコスプレしたことはあるけど、もっとクオリティを上げたい方
コスプレイヤーさんに直接教えてもらいたい方
詳細はこちら!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です