コスプレ道具を持ち運ぶのに便利なキャリーバッグの選び方

コスプレは宅コスもたくさんしますが、基本的に撮影にいく!となると、外に出歩くのが基本となります。その時お友達にならなきゃいけないのが「キャリーバッグ」です。5種類のキャリーを使ってきた筆者が個人的にコスプレ衣装を持ち歩くのに便利だと思うキャリーバッグを紹介していきたいと思います!

目次
1.デザイン重視よりも、機能性重視必須
2.外側はプラスチックの柔らかい物。開閉口のタイプはフレームタイプよりもチャックタイプ
3.内容量は60ℓ~70ℓがベスト
4.調節できるキャリーバーを
5.拡張機能付きなら行きも帰りも楽々
6.2輪キャスターよりも4輪キャスター
7.まとめ

1.デザイン重視よりも、機能性重視必須

筆者、コスプレ始めたての時、どうしてもかわいいアンティークデザインのキャリーバッグが欲しくて購入したんです。まだ何もわからなった時期…。
購入したはいいものの、さて実際に使います!となった時…重いわ、2輪だから扱いづらいわ、片方しか収納スペースがないから大きさの割に全然ものが入らないわ…割と「さんざん」でした。そこから、どんなキャリーがコスプレ衣装を運ぶのに適しているか、をいろいろ調べ始めたのです。

『デザイン重視よりも、機能性重視』

結果、そういうことでした。かわいい、かっこいいは確かに目の保養になるし、持っていてかわいいなぁとなるので利点もあるのですが、コスプレをするときには中に靴を入れたり、ウィッグを箱ごとキャリーの上に重ねたり。人が多い街中の電車ホームを階段で上がらなきゃならなかったり、狭き道で壁や通路に擦ったり…。
キャリーバッグは割と酷使されます。キャリーバッグも酷使されるし、自分の腕も酷使されます。だったら、少しでも持ち運びやすくて楽な方がいいですよね。

なので、コスプレに使うキャリーバックは…

・大容量
・衝撃に耐えられるプラスチックの柔らかいの
・拡張機能付きで大量収納
・キャスターは四つ

機能性重視
デザイン性重視

が最低限ついているものがお勧めです!ではこれから、なんでそれがいいのか?ご紹介していきます!

2.外側はプラスチックで柔らかい物、開閉口のタイプはフレームタイプよりもチャックタイプ

さてさて。まずは外身の話と行きましょう。
外身は、布タイプの柔らかい物。プラスチックの柔らかい物。プラスチックで硬い物。スチール等外傷から全力で守られる硬い物。
大体この4つに分類されています。ではコスプレ用にはどれが最適か?

・布タイプの柔らかい物→軽く、持ち運びやすいが、雨に濡れやすく、外傷に弱い。防犯度低
・プラスチックの柔らかい物→軽く、持ち運びが楽。極度の外傷には弱い。防犯度中
・プラスチックで硬い物→少し重い。ただ中身を外傷から守ることが出来る。防犯度中の上
・スチール等外傷から全力で守られる硬い物→文字の通り、外傷に強い。防犯度も最高。ただ、重い

布タイプ
プラスチックで柔らかいチャックタイプ

ざっとメリットデメリットはこんな感じ。この中から選ぶとするなら…

「軽くて持ち運びが楽」「外傷からある程度は守られる」「雨など水に濡れても平気」「防犯度はそこそこ」を兼ね備えた
プラスチックで柔らかい物   が最適といえるでしょう。実際に筆者もこのタイプを使っています。

フレームタイプ

開閉口のタイプはしっかりと防犯対策ができる「フレームタイプ」と簡単に開閉ができる「チャックタイプ」があります。チャックタイプははさみやカッターで布の部分を切られてしまえば中身を出されてしまう危険があるので防犯には向かないのですが、コスプレ衣装を持ち歩くくらいであれば「チャックタイプ」がお勧めです。チャックが壊れてしまいがちなので、本当はやらない方がいいのですが、キャリーを立てたままチャックを少し開けて中身を出したりできるので(フレームタイプは一度キャリーを寝かせないと中身を取り出せません)その点便利です。

『プラスチックで柔らかい物。開閉口はチェックタイプ』

がお勧めです。

3.内容量は60ℓ~70ℓがベスト

キャリーバッグにはいろんなサイズがあります。小さい物から海外旅行用の大きなものまで。
持ち運びに便利なのはやはり小回りの利く一番小さいサイズですが、それだと、衣装2着分入れたい!って時に、全く入りません。けど大容量サイズは持ち運びに不便すぎます。海外旅行に行くときは便利なんですけどね。なのでサイズは中サイズと呼ばれる60ℓ~70ℓが一番適しています。
左右両方に入るタイプなら片方に靴2足とインヒール、メイク落とし、ウィッグネットといった小さなもの。もう片方に衣装2着とメイク道具、ウィッグ。くらいは余裕で入ります。

4.調節できるキャリーバーを

キャリーバーとはいわゆる、キャリーバッグを引きずるときに使う“取っ手”のことです。この部分が多いキャリーバックだと4段階くらい。調節できるタイプで普通なら2段階はついています。
この段階を選ぶことが出来る方が、場所に適したキャリーの引き方ができるのでお勧めです。
2輪なら長く、4輪なら短く、といった具合ですね。

5.拡張機能付きなら行きも帰りも楽々

拡張機能付きとは…チャックの部分に少しだけ布を収納してある部分が取り付けられており、チャックを開けると布が広がり、内容量が少し増やすことが出来る、という便利機能。

 これがついていると、さあ!荷物詰めたけど、チャックが閉まらねぇ!あとちょっとなのに!
というときに便利です。大体薄目の衣装一着分くらいは余裕で入るようになります。ウィッグを押さえつけてつぶしたくないときや、キャリーに長物武器等を突っ込んで移動したいときなんかにも便利です。普段はチャックを閉じて小さくしておけるのも便利!

 あと余談ですが、帰りよりも行きの方が荷物増えます。なんでだろう。帰りの荷物、すっごいコンパクトにまとまるんですよね。
多分、ウィッグを崩さないように…と考える必要がないのと(もう帰るだけで使わないから)、もろもろ丁寧に扱う必要がないからなんでしょうね。

6.2輪キャスターよりも4輪キャスター

 ゴロゴロ転がす車輪(キャスター)がついているのですが、2輪キャスターよりも4輪キャスターの方がお勧めです。
一見引きずりやすい2輪の方が便利に見えますが、狭い通路で後ろ手にキャリーを引くと邪魔で邪魔で仕方がないし、人にあたってしまう可能性が高くなってしまいます。坂などは2輪の方が引きやすいですが、平たんな場所では断然4輪の方が引きやすいのです。
 ただ、4輪は電車やバス等、乗り物に乗った際に足の間に挟んでおく必要があります。ストッパーがついている、なんて便利なものがあればいいのですが、それも引くときに邪魔になるのでついていないんですよね。なので、そのまま立てておくと2輪と違って転がって行ってしまうんです。それを防ぐために身体のどこかで押さえておかなければならないところだけが、デメリットですかね。でも、慣れてしまえば「ああ4輪でよかったなぁ」って思います。これ絶対。ジシンアル。

 さらに言えば、プラスチックの硬いタイプのキャスターより、ゴムタイプの方が、アスファルトの上を引くときに音が最小限に抑えられて、住宅地の中で引いてもあまり迷惑をかけることがありません。💴に余裕があるようだったら、ゴムタイプを探してみてください。

7.まとめ

さあ!コスプレ衣装を持ち運ぶのに便利なキャリーバッグとは!!!

其壱:デザイン性よりも機能重視で選ぶべし
其弐:プラスチックタイプで柔らかく、開閉口はチャックタイプのものを選ぶべし
其参:内容量は中を選ぶべし
其肆:キャリーバーは調節できるものを選ぶべし
其伍:便利機能は極力つけるべし
其陸:キャスターは4輪タイプにするべし

いかがでしたでしょうか?
キャリーバッグも性能がいい物がどんどん増え続けています。この記事を参考に、自分に合ったキャリーを探してみてください。
きっとお気に入りの一つが見つかると思います!
コスプレ用キャリーバッグは自分だけでなく、その施設の方に扱っていただく場合もあります。人間ですもん、落としたり折ったり、されることあります。筆者はおろしたて、新品の日に、机の上から落とされてキャリーバーが曲がってしまい収納できなくなりました()。
なので、「まぁそういうこともあるよね」と済ませられる具合のお値段から選ぶといいと思いますよ。

お気に入りのキャリーバッグに衣装を詰めたら!撮影に行きましょうー!!!
下記の記事ではスタジオの探し方について記載してあります。
コスプレをするなら写真に残そう!初めてでも安心なスタジオ探しのコツ
衣装はどこで買うの!そんなあなたにはこちら
コスプレを始めたい!コスプレ衣装購入サイトお勧め

年中無休!行きたいときに行けるロケーション撮影地!!!
さとロケ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です