コスプレ用のウィッグの選び方と店舗比較をしてみた

コスプレしたい!衣装揃ったよ!という方…次はウィッグ選びです!店舗によって色数や、持っているカラー、長さや量が全然違います。今日はパターンと色数で店舗ごとに比較してみたいと思います!
衣装の選び方はこちら➡コスプレを始めたい!コスプレ衣装購入サイト(店舗)おすすめ8選

□目次□
1.ウィッグの選び方
 ウィッグのタイプ
 ・耐熱性ウィッグ
 ・ふかしがあるものとないもの
 ・フロントレースと呼ばれるもの
 ・特殊ウィッグ

2.有名店舗の比較をしてみた!
 ・店舗ごとのカラー数紹介
 ・扱いやすさ、参考価格なども紹介
 ・色に悩んだらカラーチャート!

3.総合してまとめてみた

4.まとめ

1.ウィッグの選び方

やりたいキャラクターが決まった!
(まだ決まっていない方は、決め方はこちら→コスプレをするなら写真に残そう!初めてでも安心なスタジオ探しのコツ!記事中にキャラクターの決め方あります)
衣装も買った!!!
(衣装のおすすめ分けはこちら→コスプレを始めたい!コスプレ衣装購入サイト(店舗)おすすめ8選
次はウィッグを揃えたい!!ウィッグの選び方、教えていきます!!一緒に比較しながら探していきましょう!

◇ウィッグのタイプ
 ウィッグのタイプはたくさんあるのですが、加工するうえで重要になってくるのは【耐熱性ウィッグであるか?】と【「ふかし」があるかないか】です。
この2つを選び間違えると「思い通りにいかない!」なんてことが発生します。耐熱性ウィッグとふかしがあるウィッグとは何なのか、見てみます。

・耐熱性ウィッグ
 読んで字のごとく、熱に耐性があるウィッグのことです。ウィッグは大抵がポリエステルで作られています。そう、合成繊維です。これに耐熱性がないと…
セットするときにドライヤーやヘアアイロンを使ったとします。すると、使った場所が「チリチリ」になってしまうのです。まるで染色とパーマとブリーチ4回とかした後の人の毛みたいになります。こうなってしまうともう元には戻りませんし、キャラのさらさらした髪の毛を再現することは不可能です。
お手入れのしやすさ、セットのしやすさから考えても、耐熱性である方がいいと思います。
ではどこでそのウィッグは手に入れられるのか?これからご紹介する店舗で取り扱われているものはすべて耐熱性です。逆に、Amazonさんの名前がわからない店舗さんや楽天市場さんに出されている、明らか転載だろう、という画像を使っている店舗さんは非耐熱性であることが多いです。今はどこもウィッグは安いので、極力ご紹介した店舗さんで見てみることをおすすめします。

アシストウィッグさん

・ふかしがあるかないか
 そもそも「ふかし」とは?という方が多いかもしれません。「ふかし」とはウィッグの根本が寝ないように、うまく立ち上がりやすくするために施された短い逆毛のことを指します。
ボリュームのないキャラウィッグを作るときには少し邪魔になってしまいますが、逆立てて立たせたり、異次元の形を作りたいとき、ウィッグ特有の毛をつけている布などを見せたくないとき(いわゆるハゲに見えないようにしたいとき)などには便利で画期的なものです。
自分の使用用途に合わせて、「ふかし」のあるなしは選びましょう。

クラッセさん

フロントレースと呼ばれるもの
 オールバックやポニーテール、立ち上がった前髪…これらを表現したいとき、どうしてもウィッグの一番前にある布が見えてしまいます。これだとウィッグだと言っているようなもの…。それを自然に見せてくれるのが、この「フロントレース」です。字のごとく、一番前のフロント部分がすべてレース(チュール)になっており、肌なじみがよく、自然な見た目になってくれます。

特殊ウィッグ
 上記のウィッグのほかに、結い上げに特化したもの、刈り上げ風に特化したもの、スキンヘッドや坊主に見えるように加工されたハゲズラウィッグなど、さまざまな便利で変わったウィッグがあります。用途に応じてこういったウィッグを使うのも、セットを楽にする一つの手です。

2.有名店舗の比較してみた!

まずはウィッグの販売店から

①SwallowtaiL スワロテイル
②AssistWig アシストウィッグ
③CLASSE クラッセ
④airily エアリー
⑤富士達

このほかにもいろいろサイトはありますが、主にレイヤー御用達のウィッグ店舗はこの辺だと思うので、このくらいにしておきます。下記では順番にそれぞれのメリット、デメリットをご紹介していきます。

SwallowtaiL スワロテイル
 通称スワロ。大きく分けてコスプレウィッグ(通常・加工向き)とファッションウィッグ、両方を取り扱う販売店です。
・カラー:177色
・スタイル数:11種類(毛束、生え際パーツ、バンスなどを含む)
・毛量:多め
・扱いやすさ:★★☆☆☆ (初心者には難しいところがある)
・参考価格:ショート→1,999円 ロング→2,999円

AssistWig アシストウィッグ
 通称アシスト。色がとにかくどこよりも多いです。こちらもコスプレウィッグ(basic・premium)とファッションウィッグ両方取り扱いしています。
・カラー:basicのみで501色
・スタイル数:6種類(特殊スタイルあり)
・毛量:適量
・扱いやすさ:★★★★★ (梳く必要がなく、三次元寄りのスタイルが得意)
・参考価格:ショート→1,980円 ロング→6,980円

CLASSE クラッセ
 加工向け・さらさら・普段向け と大きく分けて3種類のスタイルを展開しています。内訳はさらに16種類もあります。他と比べて少しお高めですが、出す価値はあります!
・カラー:260色(クラッセ限定色含む)
・スタイル数:16種類(特殊スタイル含む 毛束などは含まない)
・毛量:多め
・扱いやすさ:★★★★☆(毛量が多めではあるが加工に強いので編集はしやすい)
・参考価格:ショート→3,666円 ロング→4,620円

airily エアリー
 通販サイトのみ。上質を求めるコスプレイヤーの為の通販サイトと売っているだけあって、ウィッグの質はとてもいい。少しだけ手を加えたら、キャラウィッグになりやすい加工になっているため、初心者にもやさしい。
・カラー:139色
・スタイル数:29種類(バンスや毛束などは含まない)
・毛量:適量
・扱いやすさ:★★★★★
・参考価格:ショート→3,850円 ロング→5,720円

富士達
 毛量はものによって少なめ。レイヤー始めたての頃は、ここしか使ってなかった(あまりお店を知らなかったのもある。
・カラー:113色
・スタイル数:20種類(バンスや毛束などは含まない)
・毛量:ものによって少なめ。
・扱いやすさ:★★★☆☆
・参考価格:ショート→1,899円 ロング→2,299円

色に悩む!実際どんな色か見てみたい!そんな方はお店に足を運ぶのもいいですが、エアリーのように、通販でしか購入できない場合があります。
そんな時はどうしたらいいのか?それぞれ全サイトさんが、なんと、自分のところのウィッグの色をまとめた「ウィッグカラーチャート」を販売してくださっています!安くて300円~上は大体1,500円くらい。これさえ持っていれば、もう「来た色が違ってたらどうしよう…」と不安になることもなくなります!実際に目で見てみないと色ってわからないですからね。

3.総合してまとめてみた

店舗\詳細カラー数スタイル数毛量扱いやすさ参考価格
SwallowtaiL スワロテイル117色11種類多め★★☆☆☆ショート→1,999円
ロング→2,999円
AssistWig アシストウィッグ501色6種類適量★★★★★ショート→1,980円
ロング→6,980円
CLASSE クラッセ260色16種類多め★★★★☆ショート→3,666円
ロング→4,620円
airily エアリー139色29種類適量★★★★★ショート→3,850円
ロング→5,720円
富士達113色20種類少なめ★★★☆☆ショート→1,899円
ロング→2,299円

2で取り上げたものを表にまとめてみました。自分が欲しいスタイルや色を扱っているところで店舗を選ぶのが一番いいかと思います。
店舗によって質感や扱いやすさ、またそれぞれの好みや得意不得意によって【扱いやすさ】の部分が変わってくると思います。初めのうちは、いろんなところで買ってみて、加工してみて、使い心地を試してみてください!すぐに自分のお気に入りの店舗が見つかると思いますよ。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
このほかにもウィッグを取り扱っているサイトさんは多いです。一度買ってみて、手元に届いてみないとわからないことだらけなので、とりあえずお金が許す限り試しで買うのもありだと思います。
よく色が気に食わず、染めたらうまくいかなかったり、間違えて必要なところを切ってしまって使えなくなってしまったり…と筆者もいろいろ経験してきました。
長く使うと、買い替える必要も出てくるので、お気に入りの色や形を見つけたらメモをしておきましょう。
失敗が成功の基って、こういうことを言うんだろうな…と思いながら長いレイヤー人生の中で既に500以上のウィッグ買いました。
どんどん買って、どんどん心配して、いいものを作り上げていってください!!!

◇セットしたウィッグの保存と持ち歩き方がわからない!
コスプレウィッグの便利な持ち運び方

◇衣装はどこで買うの?
コスプレを始めたい!コスプレ衣装購入サイト(店舗)まとめ

◇スタジオ探しに困ってる!
コスプレをするなら写真に残そう!初めてでも安心なスタジオ探しのコツ!

◇ロケ撮影レイヤー必見!
泊まりでコスプレ野外ロケーション撮影に行くときに持っていくと便利な小物たち!!

お勧めロケ地 → さとロケ!
 自然(川・森・竹林)から堤防、旅館まで町中丸っと撮影に使えちゃうロケ地!岐阜県中津川市にある、田舎だけどそれがいいロケ地です。
季節イベントはもちろん年中受付しているので、都合のいいときにフラット遊びに行けちゃいます。
筆者が【コスプレコンシェルジュ】を務めさせていただいている場所でもあります。みんなでenjoy・撮影!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です